のれんをオーダーして宣伝に活かす

よく見るのれん和のテイストを引き出してくれるのれんは、企業の宣伝ツールとしての役割も担っています。
のれんが店に飾られている事で、それを見た道を歩く人々は何のお店かが一目で分かりますし、店の目印にも最適です。


のれんをオーダーしてオリジナルの物を作り出す事で、企業は店舗の個性を
発揮させる事ができ、雰囲気作りにも重宝します。

店舗の個性


オーダーをする時に注意するべき事は、染色の方法によって色合いが変わってくるという事です。
伝統的な手法は本染めと呼ばれる方法が使われていますが、この方法は風合いを大切にしており、
綿や麻の良さを引き出す事が出来ますので、のれんらしさを発揮させられます。


企業が宣伝の為に暖簾を活用したいと考えているなら、その仕上がりに拘りを持っておくと良いでしょう。


色や風合いのバランスが良ければ、店内の雰囲気作りや店構えの雰囲気作りにも一役買ってくれます。
和のテイストを採り入れるには、このような工夫を施すのが効果的です。

 

布やインクの選び方で色や風合いは変わる


のれんの良さは、看板とは違って布の感触による温かみを感じられる点です。
布には綿や麻が使われており、昔ながらの染色を活かす事が出来ます。


また、現代的な手法として、パソコンでデザインしてインクジェットプリンターで出力するといった事も行われています。
この2つの方法を使ってのれんを作りますと、最も違いが出てくるのは発色です。

色の変化


本染めの方は布との相性が良く、自然な色を出したい時に良いでしょう。

一方で、インクジェットプリンターを使って印刷をしますと、本染めとは違ったビビッドなカラーリングを出す事ができ、
デザイン面も伝統的なモチーフとは異なるものを引き出す事も可能です。


企業が店のコンセプトをどのように考えているかによって、制作会社はどのようなタイプの布やインクを使えば良いのかを考えます。
本染めは、気候や気象によって染色の仕方を少し変えなければいけない事があります。


これは、熟練した技術を持つ職人で無ければ難しい作業です。