のれん製作は生地見本で実物の色・質感を確かめてからスタート!

のれんは発祥当時は店先の日よけや目隠し、防寒の目的とした役目を果たしていました。
冷暖房が発達してきている今日では、以前の防寒対策としての役目は終えたとも言えるのです。

 

以前は客が食べ物を食べて汚れた指をのれんで拭き、その汚れが店の繁盛を示したなどもあります。

用途

 

商標が描かれるようになりメッセージ性をも持つようになり、
また識字率が上がってきた江戸時代には文字の入ったのれんが使われるようになったのです。

 

現代では看板や人目を避ける役目となり、例えば男湯・女湯など空間に仕切りを
作るような役割もあります。

 

商売をする中でのれん分けという言葉や、企業を買収・合併した時の経済状況をあらわす
ことばとしても使われています。

実物を確認

 

現在のれん製作は店舗だけでなく、自宅でのインテリアや事務所などで仕切りとしても
利用されています。

 

のれん製作をする時には生地見本を利用して実物の質感や色合いを確かめ、
自分の希望するものを製作することをおすすめします。